【導入事例】IoTとAIで夢のバイオ燃料の実用化を目指す

概要

ミドリムシを原料としたバイオ燃料の開発に挑戦する株式会社ユーグレナは、ミドリムシの生産管理と生産予測の分野において、日本ユニシスの「IoTビジネスプラットフォーム」と「Rinza」のAI技術を活用するための共同研究を開始した。安定的に大量培養することが難しいミドリムシの世界で、日本ユニシスのIoTとAIはどう貢献できるのだろうか。

事例をダウンロードする